株式会社メトラン

製品情報

  • Japanese
  • English
  • Vietnamese

R100

人工呼吸器
ロータリーHFO/IMV
小児・成人用人工呼吸器

いよいよ成人領域へ。
新生児の世界で確立されたHFOVの技術がさらなるフィールドを求めます。

特徴

HFOV(高頻度振動換気)は、解剖学的死腔量よりも小さい一回換気量で高頻度の換気を行う呼吸管理方法です。新生児領域で確立されたこの換気方法は、次のような利点があると言われています。
気道内圧変動が小さいことから肺損傷を最小限に抑えます。
血圧、頭蓋内圧の呼吸性変動を抑制します。

ロータリー式HFOV

大容量HFOVを可能にしたR100。これは、心臓部にロータリーバルブを採用したことにあります。このバルブを使用することにより、ブロワーから発生させたフローと圧の高速な切換を実現させています。また、バルブの表面はテフロンシートでコーティングされていて、異物流入にも強く、耐久性にも優れています。

直覚的で、わかりやすいHFOV設定

HFOVモードを選択時には、アンプリチュード値(気道内圧振幅)などがグラフィックモニターに表示されるので、圧変動などが簡単に把握でき、安全な呼吸管理が行えます。
HFOV設定は、「平均気道内圧」「ストロークボリューム」「振動数」「吸入酸素濃度」の設定の組み合わせによって調節することができます。

HFOVからウィーニングまで幅広くサポート

R100に装備されているのはHFOVだけではありません。人工呼吸器として基本的な換気モードを装備しています。基本換気モードとVCV、PSC、PSVなどの換気様式を組み合わせることで、HFOVからウィーニングまで幅広くサポートし、シームレスでスムーズな呼吸管理をお手伝いします。トリガー方式に圧または流量、2種類のトリガー感度設定が選択でき、オートベースフローと併せて弱い呼吸にも鋭敏なレスポンスを提供します。

3つのモードをワンタッチ選択

各呼吸モードの切換えは、セレクタースイッチの操作だけです。

手動のsigh機能も使用できます

HFOVモードを選択時に、手動によるsigh機能を搭載。「手動送気」ボタンを押す長さに応じて時間調節ができ、最大10秒までsighをかけ続けることができます。

高性能な吸・呼気弁によるスムーズな換気

優れた動作を誇る吸気弁と呼気弁により、すべての換気モードにおいて高速で正確な流量制御、かつ制御を実現しています。
これにより、患者の呼気要求を瞬時に的確に判断でき、応答性を向上しています。

R100の安全設計

カートリッジ型ダイヤフラム

ロータリーバルブからの圧変換を振動させるダイヤフラムに、脱着が可能なカートリッジ型を採用しました。透明なドーム設計となっているので、視認性やメンテナンス性が優れています。

ブロワーフィルター

HFOV時には、内部のブロワーがたえず高速かつ大容量でフローを作り出しています。そのために、室内空気中の埃などが混入しても、大型フィルターが進入を防ぎます。フィルターは交換が可能です。

呼気フィルターシステム

呼気回路に組み込まれた呼気フィルターシステムは、呼気ガスを乾燥させ、雑菌を除去して排出します。これにより、院内の感染予防に役立ちます。

警報自動設定

気道内圧にかかわる警報は、誤設定を防ぐために換気パラメーターを変更後、計測値より自動設定されます。もちろん警報値は任意に変更ができます。

モニタリング

R100はグラフィックモニターを搭載しています。HFOVでの圧モニタリングから通常換気モードでの波形モニタリングまで換気状態の把握と評価が行えます。